Jungfraujoch

Publié le par lulu

Jungfraujoch, Suisse, le 1 juillet 2014 / ユングフラウヨッホ、スイス

Jungfraujoch, Suisse, le 1 juillet 2014 / ユングフラウヨッホ、スイス

Jungfraujoch

J'ai voyagé en Suisse du 30 juin au 1 juillet avec une amie japonaise qui est venue de Japon. C'était la premiere fois que je suis allée en Suisse, j'ai trouve que tout est propre et bien organisé, les gens sont très gentils pour les touristes ! Nous sommes allées au Jungfraujoch qui se situe à 3,454 mètres d'altitude. On peut y aller facilement en train. J'ai acheté les billets de train de Starsbourg à Interlaken en SNCF, les billets de train d'Interlaken à Jungfraujoch en SBB. C'est très utile qu'on peut imprimer les billets en PDF !

6月30日から7月1日、1泊2日でスイスを旅行してきました。スイスへの旅は初めて、ドイツ語はチンプンカンプンでしたが、お店の人も駅員さんもとても親切、施設も清潔で、さすが観光立国という印象でした。目的地はユングフラウヨッホというスイス・ベルン州にあるアルプス山脈の山です。山といっても、鉄道でアクセスすることができ、ユングフラウヨッホ駅はヨーロッパで最も標高の高い3,454メートルに位置する鉄道駅になります。インターラーケンまでの切符はフランスのSNCFのサイトで購入できました。インターラーケンからユングフラウヨッホまでの切符はSBBのサイトで購入しました。ヨーロッパでは鉄道切符もEチケットが普及しているので、とても便利です。

Jungfraujoch

Nous avons pris le TER jusqu'à Bâle et changé le SBB pour aller à Interlaken. Ça fait 3h30 pour aller de Strasbourg à Interlaken, nous sommes restées une nuit à Interlaken. La ville d'Interlaken se signifie "entre les lacs", qui est située entre le lac de Thoune et de Brienz. L'eau du lac était bleu profond, c'était vraiment magnifique. J'ai trouvé un casino et des grands hôtels au centre de ville. C'était surprise qu'il n'y avait que les japonais, chinois et coréen dans la rue ! Moi aussi j'étais une des leurs...

まずはストラスブールからTERでバーゼルへ向かいます。バーゼルからSBB(スイス連邦鉄道)に乗り換えてインターラーケンを目指します。この時点ですでに3時間30分の鉄道の旅、この日はインターラーケンで一泊することにしました。インターラーケンとは「湖のあいだ」という意味で、青く澄んだ2つの湖に囲まれた美しい街でした。カジノや高級ホテルが並び、リゾート地のようです。通りを歩いているのは日本人と中国人と韓国人のみ、という光景に驚きました。私もその一人なわけですが・・・

Jungfraujoch

Ce jour-là, nous sommes allées à Harder Kulm en prennant le funiculaire touristique en 8 minuits. Malheureusement, il y avait du brouillard... Il y avait un restaurent au sommet, nous avons mangé du rostis et de la raclette.

インターラーケン東駅の奥(橋を渡って、さらに踏切を渡ったところ)からケーブルカーがでており、ハーダー・クルムに登ることができます。山頂までわずか8分、インターラーケンとその背後にそびえるアルプスの山々を一望できるはず・・・だったのですが、あいにくのお天気であっという間に霧に包まれてしまいました。山頂にレストランがあって、お昼はここでスイス料理のラクレットとレスティスをいただきました。

Jungfraujoch

Le matin 30 juillet, nous sommes parties d'Interlaken à 8h05. Il y a deux chemins pour aller à Jungfraujoch d'Interlaken, via Grindelwald et via Lauterbrunnen. La ville de Grindelwald était charmante, j'ai voulu y rester ! Nous avons changé le train à Grindelwald pour le direction de Kleine Scheidegg.

翌朝、8時05分の電車でユングフラウヨッホへ向かいます。ユングフラウヨッホへの電車はインターラーケン東駅から出ています。東ルート(グリンデルワルト経由)、西ルート(ラウターブルンネン経由)の2ルートがありますが、どちらも同じような時間で到着するようです。私たちはグリンデルワルト経由でいきました。グリンデルワルトでいったん電車を降りて乗り換えます。グリンデルワルトもそれはそれは可愛らしい街だったので、ここで一泊するのもよかったかもしれません。スイッチバックがあるので、グリンデルワルトで乗り換える際には進行方向と逆に座ると良いようです。

Jungfraujoch

Après être arrivée à Kleine Scheidegg, nous avons changé encore une fois le train de Jungfraubahn. Le train est entré dans le tonnel, mais il s'est arrêté pendant 5 minuites aux deux gâres qui ont des fenêtres pour profiter du paysage.

その後クライネ・シャイデックという駅でユングフラウ鉄道に乗り換えます。ユングフラウ鉄道は後半はトンネルの中に入ってしまいますが、途中2駅に5分間ほど停車し、窓から景色を眺めることができます。(やっぱり霧で何も見えず・・・)停車時間は5分なので置いていかれないように気を付けてください。インターラーケンからユングフラウヨッホまで、約2時間20分と結構な時間なのですが、車窓の旅を楽しみながらあっという間に到着してしまいました。

JungfraujochJungfraujochJungfraujoch
Jungfraujoch

Npus sommes arrivées après le voyage en train, nous avons monté à l'observatoire. Il avait encore du brouillard, mais de temps en temps le soleil a fait son apparition, j'ai réussi à voir le glacier d'Aletsch, c'était vraiment magnifique vue que je n'avais jamais vu. Comme Jungfraujoch se situe à environ 3,500 mètres d'altitude, j'étais un peu étouffante et j'ai manqué de souffle en montant l'escalier. J'ai dormi dans le train pour retour... Je me suis rentrée chez moi de Strasbourg à 23h00, j'étais fatiguée un peu car j'ai pris le train pendant 6 heures ! J'ai profité bien mon premier voyage en Suisse, je remercie beaucoup à une amie japonaise qui m'a invité à ce voyage :)

ユングフラウヨッホに到着して、スフィンクス展望台を目指します。時々霧が晴れて、雪をかぶった山々や氷河を見ることができました。レストランで食事をしていたときがいちばんお天気が良くて、窓越しでしたが氷河を見ることができました。約3,500メートルとかなりの標高なので、ユングフラウヨッホに到着してからは呼吸しづらい感じがあり、階段を上がっただけでも息切れしてしまいました。帰りのユングフラウ鉄道の中では眠くて眠くて、これも気圧の変化のせいなのでしょうか。標高が下がるにつれて気分も良くなりました。麓まで降りて、インターラーケンでお土産などを買って、この日は強行スケジュールでストラスブールまで一気に帰りました。実に6時間の列車の旅!スイスの絶景を満喫できて、誘ってくれたお友達に感謝です。

Pour être informé des derniers articles, inscrivez vous :
Commenter cet article